整骨院・接骨院・鍼灸院 経営コンサルティング | 治療院総研.COM - 船井総研

コンサルタントコラム

損保担当者に、健康保険で治療して下さいと言われてしまったら?

こんにちは。
船井総合研究所 北澤です。

10月~11月にかけて、交通事故治療に関してのセミナーを開催させて頂きました。

全国から多くの方々にご参加頂き、大変ご好評のうちに終えることができました。

いつもご参加頂いている方、今回初めてご参加頂いた方、
誠にありがとうございました。

多くのご感想を頂きましたが、中でも、

第8回目となる今回は、

損保会社・医療機関対応に関してのご感想を多く頂きました。

「対応について、知らないこと、やっていないことの多さに驚きました!」
「損保会社の話を、聞き入れるべきかどうかを見極めようと思いました。」
「医療機関との、関係性の作り方がわかりました!」
「信頼・信用が大事だということがわかりました!」
「いい刺激を受け、モチベーションがあがりました!」

ゲストにお招きした講師の先生もおっしゃっていましたが、
関連業界からの逆風が激しいからこそ
患者・損保会社・医療機関からの信頼・信用を築くことが大事です。


「健康保険で治療して下さいと言われる」

これは裏を返せば、

「自賠責保険で自費治療を受けたいですと、患者様に言われてもらっていない」

ということになります。さらに言えば、

「患者様に対してそう言って頂ける指導ができていない」

ということであり、患者様に信頼してもらえるよう
もっと寄り添った対応ができないか、一度、仕組みを見直す必要があります。

自賠責保険で診るべき患者様を見極め
正しい診療・請求を行うために、
適切な初診対応・医療機関対応・損保担当者対応を行うことが大切です。

2017年、治療院業界では、ますます
保険の取り締まりを厳しいと感じる機会が増えるでしょう。

だからこそ、今までよりいっそう、交通事故被害者の方を、強く守らなければなりません。

今後も、医療機関や損保担当者の対応について、さらに詳しくお伝えさせて頂きます。

次回、第9回の交通事故セミナーは、2017年の4月に開催です。
それまで、上記の実践に取り組んで頂きたいと思います。


無料経営相談無料メルマガ

コンサルタントコラム

new!
紹介・既存患者様が、毎月約5名も交通事故で新規来院する整骨院の集患の秘訣
交通事故集患は自院のWEBサイトやエキテンなどのオンライン経...

>>コラム一覧はこちら

お客様の声

>>お客様の声一覧はこちら