整骨院・接骨院・鍼灸院 経営コンサルティング | 治療院総研.COM - 船井総研

コンサルタントコラム

【自賠責保険の保険料値下げ開始】2017年、整骨院の交通事故治療と損保会社対応

こんにちは。

船井総合研究所 北澤です。

 

ついに2017年4月1日から、

自賠責保険の保険料が

9年ぶりに値下げされました。

 

損保会社の国内自動車保険部門の

業績が好調であったことが伺えます。

また、値下げの背景には、

交通事故件数の減少があります。

 

損保会社の保険料の支出が減ったため、

収入とのバランスを適切に保つために保険料が

見直されました。

 

では、これから損保会社は

どういう方向性で動くでしょうか?

整骨院の交通事故患者数や

自賠責保険売上も比例して

減っていくのでしょうか?

 

今回は、これから「損保会社対応」の強化が

交通事故治療に力を入れていく上で、いかに

重要であるかということを改めて

考えて頂きたいと思います。

 

【交通事故件数は減少している。】

 

交通事故件数は、

死亡事故も負傷事故も減っています。

自動安全ブレーキなど運転支援技術の

普及によるところが大きく、

実際に、交通事故の件数は前年に比べ

−6%~−7%程度、一貫して減少しています。

 

なかなか減らないのが70歳以上の交通事故ですが、

それも今後は、免許更新の基準が

厳しくなる等の対策で、改善されていくでしょう。

 

【今後、損保会社の支払いはさらにシビアに?】

 

2016年、損保会社の国内の

自動車保険事業の収支が、軒並み黒字でした。

損保会社の保険金の支払い額減少が

大きな要因とされています。

 

特に、死亡や後遺障害などでの保険金の

支払い額・件数が減ったことが影響しています。

ただ、この4月の契約分から

保険料が見直されました。

これを受けて、損保会社は、さらにシビアに支払いを

絞るようになる可能性が高いと言えるでしょう。

 

【柔道整復からの自賠責請求は増加している。】

 

そんな中でも、医療費は、ここ数年、

ゆるやかな増加傾向にあります。

そして、柔道整復がそのうちの

20.6%(747億円/3,634億円)を占めています。

 

驚くことに、自賠責保険への柔道整復からの

請求件数は毎年、約4.0%ずつ増えているのです。

背景には、傷害での請求件数・金額の増加があります。

傷害での請求とは、人身だけでなく、

物損扱い等の事故も含めた請求です。

 

それだけ、整骨院を頼りにして下さる

被害者の方が多いということだと思います。

 

【患者様は信頼できるサポートを求めている。】

 

患者様の中には、損保担当者の対応に

納得していない方が大勢いらっしゃるのは

皆様よくご存知だと思います。

 

信頼できる人や場所が見つからずに

困るのは、被害に遭った患者様です。

「地域での信頼」についてはこちら↓

http://chiryoinsoken.com/column/1712/

 

 

是非、皆様の院では、損保対応や医師連携を通して

患者様をサポートできるような

仕組みを整えて頂きたいと思います。

交通事故の起きにくい安全な

社会になっていく中でも柔道整復の働きは大きく

これから、今まで以上に、

損保会社の考え方を理解し、対応することが

重要になってくることをご理解頂けたかと思います。

(出典:損害保険料率算出機構)

 

4月に第9回目となる

交通事故治療をテーマとしたセミナーを開催します。

集客・損保対応・医師連携についての

詳しい内容を、セミナー内でお話ししますので

気になる方はぜひお申し込みください。

 

~オススメセミナー!各会場50名限定残りわずか!~
   

コンサルタントコラム

new!
交通事故売上50万円~100万円を達成・維持できる「革命」を大公開!
~あなたの院の交通事故新規集患に革命を起こしまし...

>>コラム一覧はこちら

お客様の声

>>お客様の声一覧はこちら