整骨院・接骨院・鍼灸院 経営コンサルティング | 治療院総研.COM - 船井総研

コンサルタントコラム

幹部と一体となって経営計画書を作成しよう

今年も後半にさしかかろうとしておりますが、
みなさまの整骨院の業績はいかがでしょうか?

船井総研の会員企業様では、繁盛院・成長企業が増加し、
成長パターンは
①単店(1拠点)集中②多店舗展開の2つで、
生業・家業から「企業」のステージに
入りつつある会社が増えてきました。

「企業」のステージに入ると、
経営者とその家族だけではなく、
従業員やお客様を含めた社会の幸福の追求が
求められるようになります。

そのステージに来ると、
会社では今まで発生してこなかった
様々なマネジメント課題が発生します。

特に、私が最近気になっているのは
幹部社員に関する課題です。

幹部だと思っていた社員の急な離職
分院の業績が安定しない
幹部から会社の未来が見えないと言われる
スタッフが定着しない・・・など

私自身も現場で様々な問題を
見てきましたが、問題を把握して、
クリアするべき課題の優先順位を付けるのは
経営者としてとても難しい仕事になります。

そこで、私がおすすめしているのは、
経営トップが幹部スタッフと一緒になって
経営計画書を作成するということです。

経営計画書とは、
会社の過去の記録や歴史から、
未来へ向けた宣言と方向付けを
示したものです。

上場会社で言うところの、
IRレポートに近いかもしれません。

なぜおすすめかというと、
会社の過去から現在、そして未来を
一緒に描く時間を共にできるからです。

また、冒頭に記載した
「従業員やお客様を含めた社会の
幸福の追求が求められつつある」
ということについても、
経営トップが口頭で伝えるだけでは
なかなか伝わらない実態もあります。

明確に伝えていくためにも、
書面があるとないのでは雲泥の差があるのです。

全社、事業部門別に分けて、
幹部には担当部署の計画書を
作成いただくことが望ましいでしょう。

是非一度ご検討ください。

 

 

 

無料経営相談無料メルマガ

コンサルタントコラム

new!
必見!モデル院視察クリニックレポート
皆さまこんにちは。   今回のレポートは先...
エキテン活用率100%になっていますか?
皆様 こんにちは。   船井総合研究所の竹...
「患者さんが通い続けたくなるポイントとは?」
こんにちは 船井総研の平松です。 先日お送りしたメルマガ...

>>コラム一覧はこちら

お客様の声

>>お客様の声一覧はこちら