整骨院・接骨院・鍼灸院 経営コンサルティング | 治療院総研.COM - 船井総研

コンサルタントコラム

「患者さんが通い続けたくなるポイントとは?」

こんにちは

船井総研の平松です。

先日お送りしたメルマガからの無料レポート冊子がすごい反響でした。

 

今も続々とダウンロードしていただいております。

皆さま、ありがとうございます。

 

まだダウンロードされていない方は期間限定ですので

ぜひ、下記よりご覧ください。

 

==========    無料レポート冊子ダウンロード    ===========

 

◆7月30日(日)まで限定公開の無料レポート冊子をプレゼント

「『脱新患依存』 会員化していく自費専門整骨院の作り方

~新患40名でも売上400万が作れる秘訣~」

の無料レポートがダウンロードできます。

https://www.funaisoken.ne.jp/mt/chiryoinsoken/report012682.html

 

さて、今回は患者さまが通い続けたくなるポイント

についてのお話をさせていただきます。

患者さまが通い続けるためのポイントは簡単にいうと

ファン化できているかどうかになります。

人がファン化していくためには段階があります。

 

まず1つ目は「一般客」 つまり、一見の患者さまですね。

 

2つ目は「知人客」 患者さまの顔と名前くらいは

知っている関係性 (2~4回以上来院されている人でしょうか?)

 

3つ目は「友人客」 お互いに無理を頼めたり、

趣味や癖くらいまで知り合っている関係性です。

 

最後の4つ目は「信者客(ファン)」 患者さまがあなたの院に惚れこんでおり、

あなたの院で販売している商品やサービスを、

余程でない限り、他院では購入しない患者さまとなります。

 

この内、固定客と呼ばれるレベルは

「友人客」と「信者客(ファン)」に達していなければいけません。

 

つまり、

「一般客」を「知人客」に、「知人客」を

「友人客」に、「友人客」を「信者客(ファン)」へと

患者さまとの関係を発展させるようにしていくことが必要不可欠です。

このように、ファン化できている状態になれば、

自然と患者さまに通ってもらえるというわけなんです。

 

ファン化している院とそうでない院では、

 

①ファンになるまでに通ってもらえる対策が打てているか?

②ファンになってもらった人がさらに通うための喜ばれるシステムにしているか?

 

という点が異なってきます。

 

その答えを今回のレポートにまとめております。

 

・患者さまがリピートしてくれない ・ファンを作っていくために

 具体的にどのような対応をしたらいいかわからない

 

という方にはぜひご覧いただきたいと思います。

 

ファン化していくことで経営の安定にも繋がっていきますし、

ブランドとしての効果も高まります。

 

ぜひ、患者さまに気に入ってもらえる院作りをし、

安定した経営をしていってください。

 

==========    無料レポート冊子ダウンロード    ===========

 

◆7月30日(日)まで限定公開の無料レポート冊子をプレゼント

「『脱新患依存』 会員化していく自費専門整骨院の作り方

~新患40名でも売上400万が作れる秘訣~」

の無料レポートがダウンロードできます。

https://www.funaisoken.ne.jp/mt/chiryoinsoken/report012682.html

 

 

無料経営相談無料メルマガ

コンサルタントコラム

new!
日本一の交通事故売上(650万円/月)の実績を上げる方法と考え方パート4
こんにちは、株式会社ハートメディカルの代表をしている望月です...
日本一の交通事故売上(650万円/月)の実績を上げる方法と考え方パート3
こんにちは、株式会社ハートメディカルの代表をしている望月...
日本一の交通事故売上(650万円/月)の実績を上げる方法と考え方パート2
こんにちは、株式会社ハートメディカルの代表をしている望月です...
整骨院事業の次に展開する事業とは・・・
みなさま こんにちは、船井総研の竹留です。 ◆自費治...

>>コラム一覧はこちら

お客様の声

>>お客様の声一覧はこちら