整骨院・接骨院・鍼灸院 経営コンサルティング | 治療院総研.COM - 船井総研

コンサルタントコラム

整骨院HPで集客するための導線は整っていますか?

皆様
こんにちは。
船井総研の竹留です。

さて、皆様の整骨院のHPでは、しっかりと集客(集患)するための導線は

作れておりますでしょうか?

というのも、日々経営相談のご依頼をいただく中で最も多いお悩みは、



「集患(集患)がうまくできない」です。



そのようなお悩みを持つ整骨院様のHPを拝見すると、


情報は豊富に掲載されているのですが、ユーザー(患者様)目線になっていないことが多いのです。


例えば、そもそもどんな患者様にご来院いただきたいのか明確に掲載されているのか?


などです。


HPを持たれている整骨院様は非常に多いと思いますが、

今一度、下記の項目について確認してください。


①ターゲット(来院して欲しい症状)を明確にし、HPに掲載できているのか?

②自院が提供できる施術内容を掲載できているのか?

③症状別のページ(肩こり専門ページ、腰痛専門ページ等)は設置できているのか?

④アクセスページはGoogleMapのみならず、わかりやすいように情報を掲載できているのか?

⑤予約フォームは掲載できているのか?

です。


そして、今回のメルマガでは、⑤の「予約フォームは掲載できているのか?」について、

詳しくお伝えしたいと思います。


現在、恐らく皆様のHPを閲覧している患者様(ユーザー)の多くは、

スマートフォンの方が多いことは、周知のことかと思います。




スマートフォンの方は、どのようなことを求めているでしょうか?



今、様々な業種のお店のポータルサイトでは、どのような設計になっているでしょうか?


「予約システム」というものが、非常に充実しております。


居酒屋でも、美容室でも、エステでも、今の時代スマートフォンが片手にあれば、

電話をしなくても行きたい日時を記入すれば予約を取ることができます。


集客(集患)が好調な整骨院様の中で、更に先端の取り組みをしている整骨院様は、


HPに予約フォームを設置しております。


制作会社様に依頼し、予約フォームページを作成している整骨院様、そして、エキテンのネット予約ページに


リンクさせる設計をしている整骨院様などいらっしゃいます。


低コストでできる対策としては、後者のエキテンのネット予約ページにリンクさせる設計をするのも良いかと思います。





大事なことは、現在のWEBユーザー(患者様)は、整骨院のHPに何を求めているのか?という点です。



・自分の症状は解消してもらえるのか?
・どんな治療をしているのか?

そして、

・簡単に予約をすることはできるのか?


という点で今一度、自院のHPを見返してみてください。



皆様の整骨院のHPが更に良い設計になればと思います。


「無料相談のお申込みはこちら!」

https://www.funaisoken.ne.jp/mt/chiryoinsoken/inquiry.html


無料経営相談無料コラム

コンサルタントコラム

new!
新人の初診対応レベルアップをさせるには?
皆様 こんにちは。 船井総研で治療院をコンサルテ...
「【限定配信】完全自費移行するための流れと抑えておきたい5つのポイント」
こんにちは。 船井総研の宮澤です。 本日は多くの方か...

>>コラム一覧はこちら

お客様の声

>>お客様の声一覧はこちら