整骨院・接骨院・鍼灸院 経営コンサルティング | 治療院総研.COM - 船井総研

コンサルタントコラム

通院頻度を上げるたった2つの取り組み

皆様

こんにちは。

船井総研の竹留です。

 

本日は、患者様の通頻度を上げるきわめてシンプルで簡単な取り組み2つについて、お伝えさせていただきたいと思います。

 

 

■患者様の通院頻度が上がらない・・・

 

という課題でお悩みの整骨院経営者様は多いのではないでしょうか?

 

それもそのはずです。

 

皆様ご存知の通り、現在日本には、約48,000件の整骨院があります。

 

1年で2000~3000件ほど増加しておりますので、おそらく、平成30年が終わるころには、ついに50,000件に到達します。

 

そのため、よっぽどの患者様からの信頼感を失ってしまうと、

他の院へ流れてしまったり、離反(患)が発生してしまったりしてしまいます。

 

要は、患者様にどれだけ納得してもらって、「ここに通いたい」と思ってもらえるのか?

という点が重要であるということです。

 

今回お伝えいたします、たった2つの取り組みを行えば、

確実に患者様に与える印象は変わります。

そして、最適な回数、ご来院いただけます。

 

 

では、そのたった2つの取り組みとは何かと申しますと、

 

①治療目的の伝達

②次回の治療目的の予告

なのです。

 

あれ、当たり前のことではないか・・・?

 

と思われるかもしれませんが、改めて、自院が上記の2点について、

患者様にお伝えできているのか思い返してみてください。

 

患者様の多くは、

 

・毎回治療が一緒だな、、、

・私の身体は良くなっているのか分からない、、、

・いつまで通えば良いんだろう、、、

 

というお悩みを持っております。

 

つまり、整骨院側が患者様に対して、

 

・現在の患者様の身体の状況

・現在行っている治療内容の目的

・今後、症状が回復していく治療プロセス

 

について、説明が徹底できていないということなのです。

 

その結果、他院への転院や、「仕事が忙しくて、、、」という離反が生じます。

患者様は、整骨院を探すことは難しくありません。

 

今や、スマホ片手にすぐに他の整骨院を見つけられます。

 

重要なポイントは、

①治療目的の伝達

②次回の治療目的の予告

です。

 

是非、皆様の院でも上記の2点を取り入れてみてください。

コンサルタントコラム

new!
【該当者多数】下げざるを得ない。
2019年の整骨院業界。 「5年間で167万円」 ...
「ポータルサイトの力を活用し新規集患数を増やす基礎」
こんにちは。 船井総合研究所の浦林です。 本日はポー...
【重要】2019年 整骨院の廃業が相次ぐ。
来年の2019年。 整骨院業界はどんな年になるのか。 ...
「開催まで残り18日!生産性130万円を達成させる深部整体実演セミナー」
皆さま こんにちは。 船井総研の竹留(タケドメ)です。 ...

>>コラム一覧はこちら

お客様の声

>>お客様の声一覧はこちら