整骨院・接骨院・鍼灸院 経営コンサルティング | 治療院総研.COM - 船井総研

コンサルタントコラム

【注意】交通事故治療の動向

「先月8月は月間自賠責売上が800万円を超えました…。」

そう話すのは、株式会社ハートメディカル(整骨院葵堂)の望月代表。
さらに重ねてこう口にする…

「交通事故数が今後減っていくのは明らか。交通事故分野は今後2極化が起こる。
2極化が進めば、患者は2割の整骨院へ集中する。だから力を入れるべき。」



いつもお読みいただきありがとうございます。
船井総研の村中です。

先日の日曜日、大阪にて交通事故セミナーが開催されました。



蒸し暑く、雨上がりという足元の悪い中ご参加いただきました皆様。
誠にありがとうございました。

会場で、「勉強になった。」「新しい考え方を色々知れた。」「実践していきたい。」
など嬉しいお言葉をいただき、開催者として嬉しく思います。

さて、このメルマガでは、
「交通事故数は今後減っていく。だから交通事故分野に力を入れるべき」
という、少し理解しづらい内容について、触れて行きたいと思います。

今回ゲスト講師として貴重なお話しを頂きました、
株式会社ハートメディカルの望月代表のお話しの一部と、私たちコンサルタントが考える交通事故分野の未来、これからの整骨院経営という観点を交えながらお話しさせて頂きます。

整骨院経営をなされている皆様の中に、
以下のようなお悩みを抱えている方は少なくないのではないでしょうか。

・最近交通事故患者が来ない。
・損保会社とのやり取りにストレスを感じる。
・医師との関係性がなく、診察をお願いしづらい。
・交通事故は諦めており、自費に力を入れている。
・被害者請求など事故の状況によっては対応できない…。

冒頭で話に出てきた「2極化」という言葉。
実は、このような悩みの声こそ、2極化が起き始めている証拠になります。

皆様にここでちょっと質問です。
交通事故治療において、以下のような事は行っていますでしょうか?

1、目先の利益は追わず、必ず診断書(診断)と部位数を合わせる。
  また治療期間も基本的に3ヶ月前後で終わらせ、無理に延ばさない。
2、患者様の痛み、違和感、車の修理費等はあらかじめ全て聞き取り、
  治療開始時はこちらから損保会社へ連絡し、挨拶、状況説明、症状説明を行う。
3、事故から2週間以内に整形外科(セカンドオピニオン)にて
  適切な診察を行っていただくようにしている。
4、患者様への部位・治療期間・慰謝料についての説明を徹底している。
5、毎週交通事故患者様の事例共有、知識強化、対応強化を行う会議を行っている。
6、3院の整形外科との関係性構築ができている。

いかがでしょうか?


実は、上記の取り組みは、すべて株式会社ハートメディカル様が、院で実際に取り組まれている内容です。

自院との対応力の差を感じたのではないでしょうか?
もちろん実際には、書かせて頂いた取り組み以外の事も沢山行っています。
セミナー時は自賠責売上を伸ばすための取り組みを惜しみなくお話し頂きました。

なぜ、株式会社ハートメディカルは、ここまで交通事故対応に力を入れているのでしょうか?

ここでポイントになるのが「2極化」です。

皆様も薄々感じているかもしれませんが、交通事故数は年々減少しています。
国の交通安全基本計画に基づいた交通整備が進み、事故の起こりづらい環境へと変化していっているためです。また、それに加え、車の性能向上も関係しています。

今後は自動運転という分野も成長し、5年後、10年後の交通事故数は今よりも減っていると考えられます。

市場が小さくなるにつれて起こることがあります。
それは、その市場から撤退する者と、より対応力を付けシェアを獲得する者です。

シェアを獲得した者の特徴は、安定した売上です。

顧客(患者)は、多くの顧客(患者)が集まる所、そして地域で最も優れたサービス、商品を持っている所に集中する傾向があります。

顧客(患者)の数が増えると、必然と口コミや紹介などの波及効果を得る事が出来ます。そして多くの顧客(患者)に対応することで、ニーズに対してお答えしなければならない環境へと変化します。このスパイラルを繰り返すことで、対応力が強化され、市場におけるシェアを獲得して行きます。

シェアを獲得ができる院と、できない院では想像できる通り、集患力、対応力、利益額が大きく変わってきます。

これが「2極化」です。
交通事故治療分野は全国的に見ても、全く力を入れていない整骨院が数多く存在します。
また、力を入れていても取り組みが中途半端で、思うような結果を出せていない整骨院も数多く存在します。

つまり、今整骨院業界では交通事故事故に強い整骨院とそうでない整骨院が2極化し始め、真面な対策(集患対策)を行っているところは、患者様の数が増え、対応力を強化しシェア獲得していますが、そうでないところは全く患者様が来ないという事態になりつつあります。これは、今後の自費治療においても同様の事が言えるでしょう。

集患⇒対応力アップ⇒シェア拡大⇒ブランド化


この流れを構築できれば、交通事故治療分野で売上を大きく伸ばす事ができます。
そして、シェアを獲得できれば、安定した売り上げを維持できます。
また交通事故は利益率も高いため、生産性も高く、会社としての投資サイクルの確立を行いやすい大きなメリットがあります。

株式会社ハートメディカル様は現在シェア拡大・ブランド化を行っている段階になります。


今回のセミナーは、シェア拡大のフレーズにいく為の第一ステップである「集患」についてフォーカスを当てたセミナーでした。

ただ、正直に言いますと、やはり交通事故治療の売上を伸ばすこと自体難しいエリア(首都圏など)も存在します。
なので、交通事故治療分野でシェアを獲得できる見込みの高いエリアで勝負することも重要になります。
交通事故患者が整骨院に来てくれる可能性の高いエリア、その地域でまだ交通事故治療でシェアを獲得している競業がいないエリアです。

例えば、以下のエリアは交通事故集患、シェア獲得できる見込みの高いエリアになります。
-----------------------
・熊本市 ・八王子市 ・松山市 ・倉敷市 ・高松市 ・宮崎市 
・長野市 ・旭川市 ・高知市 ・郡山市 ・久留米市 ・青森市
・津市 ・長岡市 ・市原市 ・函館市 ・福井市 ・佐世保市 ・山形市
・富士市 ・松本市 ・八戸市 ・厚木市 ・つくば市 ・上越市 
・松江市 ・日立市 ・秋田市 ・小田原市 ・山口市 ・小平市 
・和泉市 ・弘前市 ・豊川市 ・釧路市 ・日野市 ・安城市 ・宇部市
・秦野市 ・磐田市 ・帯広市 ・松阪市 ・今治市 ・小山市 
・石巻市 ・上田市 ・川西市 ・野田市 ・米子市 ・多摩市 ・小牧市
・刈谷市 ・尾道市 ・八千代市 ・土浦市 ・出雲市 ・古河市 
・栃木市 ・いわき市 ・鳥取市 ・北九州市
------------------------
言葉を変えると、「交通事故分野に力を入れ、シャア拡大し、投資サイクルの構築を行いやすいエリア」とも言えます。

交通事故集患により力を入れて行きたい方、交通事故対応強化に興味がある方は、以下お読みいただければ幸いです。


東京開催まで残り4日!


下記の市区町村で月間5名以上の交通事故患者を集患し、持続的に医師や損保会社と良好な関係性を維持する具体的方法を知る事ができるセミナーのご案内です。
-----------------------
・熊本市 ・八王子市 ・松山市 ・倉敷市 ・高松市 ・宮崎市 
・長野市 ・旭川市 ・高知市 ・郡山市 ・久留米市 ・青森市
・津市 ・長岡市 ・市原市 ・函館市 ・福井市 ・佐世保市 ・山形市
・富士市 ・松本市 ・八戸市 ・厚木市 ・つくば市 ・上越市 
・松江市 ・日立市 ・秋田市 ・小田原市 ・山口市 ・小平市 
・和泉市 ・弘前市 ・豊川市 ・釧路市 ・日野市 ・安城市 ・宇部市
・秦野市 ・磐田市 ・帯広市 ・松阪市 ・今治市 ・小山市 
・石巻市 ・上田市 ・川西市 ・野田市 ・米子市 ・多摩市 ・小牧市
・刈谷市 ・尾道市 ・八千代市 ・土浦市 ・出雲市 ・古河市 
・栃木市 ・いわき市 ・鳥取市 ・北九州市
------------------------
こちら前回2017年に100名を超えるお申し込みのあったセミナーの
2018年度最新版です。

現在毎日お申し込みを頂いている状況です。
1会場50名様限定となっております。
早いもの勝ちとなりますので、お断りをさせていただく場合はご了承くださいますようお願い致します。

以下セミナーの詳細になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

圧倒的な交通事故患者の集患と対応の実績を誇る整骨院が登壇!
2018年度 交通事故セミナー開催




セミナーのお申込み、詳細情報は以下のリンクをクリック!!
http://chiryoinsoken.com/seminar/031121_lp/

≪特別ゲスト≫
株式会社ハートメディカル 代表取締役 望月亘 氏

開業5年2院で自賠責売上月間700万円を達成。
自賠責新規数は月間平均20人を安定的に維持し、
全体売上は1000万円/月を越えて治療家は9人(常時稼動)で高生産性を維持。
特に目覚ましい実績としては、自賠責平均請求単価約9万円、
自賠責平均来院回数約13回を誇りながら損保会社・医師からの信頼も厚い。
一番大事にしているのは、患者様の満足度は当然ながら、
損保会社・医師との三方良しの関係性である


≪このような整骨院経営者様にオススメ致します≫


◆交通事故患者からの問い合わせが減ってきている
◆交通事故患者は販促活動を行っても集患できないと考えている
◆HPや広告サイトにお金をかけたが成果があがらない
◆損保担当者や整形外科の医師に「整骨院には通院しないでください」と言われ困っている。
◆最低でも1院の自賠責売上を50万円~300万円/月は維持したい


周囲の院が自賠責での業績アップを諦めている中、
交通事故治療の地域1番院になりたい整骨院経営者様は
是非今回のセミナーへお越しください。

圧倒的に結果を出されているゲスト講師と共に、
整骨院業界のほとんどの経営者が知らない
交通事故治療で地域1番院になる秘訣をお伝えさせていただきます。

本気で交通事故集患で結果を出したい方は、
以下のリンクをクリックし、今すぐセミナーにお申込みください!
http://chiryoinsoken.com/seminar/031121_lp/

お申込は50名様限定となります。

≪セミナー開催概要≫
「真の患者救済のための交通事故治療地域一番化への道」

◆2018年9月16日(日)
 @船井総研 東京本社 13:00~17:00 (受付12:30~)

詳細は下記よりご確認ください。

http://chiryoinsoken.com/seminar/031121_lp/


<参加したあなたはこのようなノウハウを手に出来ます!>


1.2極化時代に勝ち残る院だけがおさえる業績アップの秘訣
2.損保担当者との関係性を良好にする具体的手法
3.医師との関係性を良好にする具体的手法
4.交通事故患者が集まる交通事故サイトの作り方
5.平均通院回数12回を実現する通院指導・患者管理
6.既存患者への認知度を高める啓蒙活動手法
7. スタッフが交通事故集患に積極的に協力してくれる院内教育手法

【セミナーのお申込み・詳細情報はコチラ】
http://chiryoinsoken.com/seminar/031121_lp/

コンサルタントコラム

new!
【該当者多数】下げざるを得ない。
2019年の整骨院業界。 「5年間で167万円」 ...
「ポータルサイトの力を活用し新規集患数を増やす基礎」
こんにちは。 船井総合研究所の浦林です。 本日はポー...
【重要】2019年 整骨院の廃業が相次ぐ。
来年の2019年。 整骨院業界はどんな年になるのか。 ...
「開催まで残り18日!生産性130万円を達成させる深部整体実演セミナー」
皆さま こんにちは。 船井総研の竹留(タケドメ)です。 ...

>>コラム一覧はこちら

お客様の声

>>お客様の声一覧はこちら